承認欲求が強い人の特徴を挙げてみた

_shared_img_thumb_KK150404098288_TP_V

そもそも承認欲求とは?

承認欲求とは、その字が表すとおり、他人から認められたいという感情の総称のことを表します。

では、なぜ他人から認められたいという感情が生まれるのでしょうか?

人間は社会生活の中で、様々な優劣を認識する能力を身につけ、それを自己と他者にも当てはめていくようになります。その中で、「自分よりも優れているあの人に認められたい」とか「自分の実力を示して世の中に認めてもらいたい」、「仕事ができる人と思われたい」などという気持ちを抱くようになります。このような感情を持つことは誰しもが経験したことがあるのではないでしょうか?

承認欲求が強い人の特徴

ナルシスト臭がする。

このタイプの承認欲求が強い人は、自分は他人よりも上位にいることを認めてもらいたいという気持ちから、他人を支配するような存在になろうとします。

人前で恥をかかされたり、他人よりも劣っている部分を指摘されると表情が固くなり、不機嫌になるのも特徴です。

よく自分の不幸話をする。

このタイプの人は、自分の不幸話をすることで、他人から「そんな状況なのに、よく頑張ってるね」と承認してもらいたいのです。

よく身内の自慢話をする。

「私の家系は代々続いている」「身内は地主で山も持っている」「親族はみな◯◯大卒」「親戚に芸能人の◯◯がいる」など、身内の自慢話が好きな人も、承認欲求が強いタイプの人です。

身内の自慢話をする人ほど、本人はみすぼらしかったり、自慢できるものを何も持っていないという場合が多いのも特徴です。自分が承認してもらえない部分を、自分の身内を自慢することによって間接的に承認されているように錯覚することで満足を得るタイプです。

SNSでのアピールが多い。

TwitterやFacebookで情報発信している人は多いと思いますが、情報をシェアする時の自分の心に耳を傾けると、「何人の人が反応してくれるかな?」「これで笑いが取れるかな?」「うらやましがるだろうな」など、他人の反応に対する期待が込められている場合が多いはずです。

この他人の反応こそが、自分の承認欲求を満たすものなので、SNSでのアピール投稿が多い人はすなわち承認欲求が強いということにもなります。

「やっておきました」アピールが多い。

承認欲求の強いひとは、決して仕事ができない訳ではありません。仕事ができない人の特徴は別記事にまとめているのでそちらを参照してください。

何らかの理由で自己肯定感が低くなっていて、自分で自分を認められない分、他人に承認を求めてしまっているので、仕事ができるできないとは関連性はありません。

しかし、自分がやったことを褒めてもらいたい、認めてもらいたいという気持ちは人一倍なので、「やっておきました」アピールが多くなってしまう傾向にあります。

総合すると、自己肯定感が低く、自信がない人が多い。

承認欲求が強い人は、総合すると自己肯定感(自分で自分を肯定する気持ち)が低く、自分に自信がない人が多いです。

特徴として現れるのは、ほとんどが自己肯定感の低さや自信のなさからくるものが多いことがわかります。

承認欲求が強い人とのコミュニケーションは、ストレスが溜まることもありますが、そうなってしまった背景を理解することによって改善が図れます。

もしあなたに心のゆとりがあるのであれば、仕事でミスを繰り返す人に理解を示したり、仕事が辛くて前向きになれない人理解を示すのと同様に、包容力を持って接してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする